スペシャル竹生島|汽船に乗ってパワースポット巡り。観光にもリフレッシュにもぴったり2022.06.15 Wed

長浜市の観光名所の1つである、竹生島(ちくぶしま)。観音巡礼やパワースポット巡り、リフレッシュなど、さまざまな目的で多くの人が訪れます。

今回は、当メディアの編集長・おばた(@obata__nagahama)が、琵琶湖に浮かぶパワースポットへ行ってきました。

・竹生島への観光を考えている方
・行った人にしか分からない注意点を知りたい方
・竹生島の楽しみ方を知りたい方

上記に当てはまる場合は、ぜひ最後までお読みください。

DSC_2461.jpg

汽船の時間を確認しよう

DSC_2457.jpg

竹生島に行くための汽船。通常期や繁忙期によって出発時間や本数が変わるため、早めに確認しましょう。時間帯によっては人が多い場合があります。計画的に出発時間を考えてくださいね。

琵琶湖や滋賀県について知る時間

汽船内では、琵琶湖や滋賀県について音声で解説をしてくれます。「へ〜、知らなかった」という情報がたくさん。また、2階の甲板から見る景色は最高。まさに絶景です。普段の生活では見られない角度から長浜の街を見渡せます。景色とともに勉強できるのも楽しみの1つですね。

全身でパワーを感じよう

DSC_2482.jpg

汽船に乗ること30分。竹生島に到着しました。写真のように手を大きく広げたくなるほど、島全体からパワーを感じることができます。

宝厳寺・本堂のお参りの注意点

DSC_2489.jpg

券売所にて拝観料(大人600円)を支払い、いよいよ本堂へ。「願いを成就するためにお祈りするぞ!」と意気込む前に注意しないといけないことが...。

DSC_2488.jpg

そう、階段を登らねばなりません。思っている以上にかなりの段数(165段)があるので、運動靴や歩きやすい靴で行くことをオススメします。

あとは、水分も忘れずに。特に夏場は暑さで体力の消耗が早くなるので、こまめな水分補給が大事。竹生島観光を楽しむには体調管理が必要不可欠です。

お願いだるま

DSC_2492.jpg

だるまに願い事を書いて奉納すると願いが叶うと言われています。本堂(弁財天堂)にあるので、ぜひやってみてください。祈願料は1体500円です。

唐門(国宝)・観音堂(重文)

DSC_2501.jpg

豊臣秀吉が建てた現存する大坂城唯一の遺構である、唐門。観音堂には千手観音が安置されています。

DSC_2505.jpg

舟廊下(重文)。豊臣秀吉の御座船「日本丸」の船櫓(ふなやぐら)を利用して建てたと伝えられています。(幅約1.8m、長さ約30m)

都久夫須麻神社(竹生島神社) 本殿

DSC_2511.jpg

建物は伏見城の遺構と伝えられています。本殿内正面の桟唐戸(さんからど)にはめ込まれた菊や牡丹、鳳凰の彫刻がきれいです。

かわらけ投げ

琵琶湖に向かう鳥居へかわらけを投げ、鳥居の間を通ると願いが叶うと言われています。

・商売繁盛
・交通安全
・安産祈願
・合格祈願
・学業成就

など、さまざまな願い事が書かれています。

かわらけは2枚で1人分。1枚目には自分の名前を書き、2枚目には願い事を書いてください。何にしようか結構迷います...。

かわらけの準備ができたら、あとは投げるだけ。サイドスローやフリスビー投げなど、ご自身が投げやすい方法で投げましょう。

かわらけは意外とコントロールするのが難しい。だからこそ、鳥居の間を通せると願い事が叶うのかもしれませんね。

竹生島・宝厳寺、峰住職

DSC_2523.jpg

峰住職にお話を聞いてきました。

「竹生島は非日常的な空間になると思う。いつもと違う場所に行くことで、自分の考えが整理されたり新しいアイデアが浮かんだりするはず。悩みがあっても、竹生島から長浜や彦根などの街を見ると、自分の悩みもちっぽけに思えてくる。普段とは違う自分を見つけてもらえれば」とお話ししていただきました。

心がすっと軽くなるようなお言葉の数々。竹生島という場所だけでなく、住職のお人柄にも触れることができ、新たな自分を見つけるキッカケとなりました。

DSC_2529.jpg

近江牛マンをはじめとする食べ物

船着場から宝厳寺へ向かう途中にお土産物のお店があります。『近江牛マン』やミルクまんじゅう『ねがいだるま』など、美味しい食べ物やお土産がズラリ。

琵琶湖特産の魚や貝の佃煮、竹生島名物が並んでいるので、チェックしてみてください。

最後まで景色を楽しめる

「帰るまでが遠足」と言わんばかりに、竹生島から離れる景色も楽しめます。風や波、空の雰囲気を感じながらリラックスモードに。

行きの景色とはまた違った楽しみ方ができるでしょう。朝と昼、夕方でも見え方が変わってくるので、時間帯による変化を楽しむのも良いですね。

竹生島宝厳寺

https://www.chikubushima.jp/

琵琶湖汽船(長浜港)へのアクセス

アクセス 琵琶湖汽船 長浜港(竹生島へは、今津航路・長浜航路・びわ湖横断航路の3つの航路からお選びいただけます。
住所 長浜港(滋賀県長浜市港町4-17)
駐車場 無料
料金 大人 3,200円 学生 2,600円 小学生 1,600円
TEL 0749-62-3390
WEBサイト https://www.biwakokisen.co.jp/

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

黒壁スクエア紹介動買い物画編
黒壁スクエア紹介動画食べる編
黒壁スクエア紹介動画食べる編
黒壁スクエア紹介動画体験編
黒壁スクエア紹介動画買い物編
黒壁スクエア紹介動画食べる編
黒壁スクエア紹介動画
TABLE SIX
びわこツアー
ローザンベリー多和田
黒壁
ヤンマーミュージアム
黒壁スクエア教育旅行プログラム
黒壁スクエアポータルサイトインスタグラム